ベンチャー企業の知的財産を支援する試み

ベンチャーとはベンチャー企業、ベンチャービジネスのことで、
新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指します。

「革新的」なビジネスなので、「知的財産権」という権利が絡みます。
知的財産権とは、無形のもの、特に思索による成果・業績を認め、
その表現や技術などの功績と権益を保証するために与えられる財産権です。

その性質から、
「知的創作物(産業上の創作・文化的な創作・生物資源における創作)」

「営業上の標識(商標・商号等の識別情報・イメージ等を含む商品形態)」
および、
「それ以外の営業上・技術上のノウハウなど、有用な情報」の三つに大別されるのだそうです。

まさしくベンチャー企業の仕事そのものですね。
知的財産権の取得が重要になります。
そんなベンチャー・中小企業を支援する試みがいくつかあるようですよ。
検索すればたくさんヒットします。

戦略的に考えることも非常に重要なので、この動画もチェックです。