超硬は切削工具などに

超硬の代表的なものは炭化タングステンと結合材のコバルトを混合させた合金です。超硬の特徴は硬度が高く、それは高温になった時にも硬度の低下が少ないことです。そのために使われる分野は耐摩耗性を必要とされるところです。

ドリルやエンドミル、フライス、旋盤などの切削工具の材料として使われています。自動車部品には高い貢献があり、部品の加工精度の向上や製造コストの低減にもつながっています。また、他にもシールドトンネルを掘るときに固い岩盤を砕くための刃となったり、道路補修のアスファルトの表面除去などがあります。